体調

鎖骨骨折日記 その3

今週も術後の診察に行ってきました。

けが人でいることに少し疲れてきましたので、担当医に
日頃の腕の動かし方を実際に診ていただき可否を訪ねましたが
お返事はまだ2週間しか経っていないので慎重を第一にとの
ことでした。

しかしあまり使わないでいるのも肩のあたりにこわばりを
感じるため昨日はいつもお世話になっている整体の先生に
お願いして肩や肩胛骨のあたりをほぐしていただき、
骨盤の矯正もしていただきましたら体全体がゆったり
したようで気分まで楽になったようです。

今日は思い切って自転車をゆるゆるとこいでみました。
さすがにスピードを出すことには少々怖さがあります。
スローで行きなさいよと神様に教えられているように
思います。

鎖骨骨折日記 その2

骨折後2週間が経ち、抜糸も無事終わり今日は入浴許可も
おりたので、吉備路サンロードの大きな浴槽でゆっくりと
右手を伸ばしながらほっこらとしてきました。

下半身浴と上半身の清拭だけではなかなかさっぱりした
感じがなかったのですが、やっと身も心も生き返った
ような気持ちよさを感じております。

腕を肩から上に挙げなければ、左右の動きは少しは
かまわないとの許しをしただいておりますが、動かし
過ぎるとだるくなるので程度を掴みかねております。

次回の受診日にはトリートメントの腕の使い方を先生に
お見せし、どこまでやっていいものかを相談しながら
再開の計画を立てることにいたします。

鎖骨骨折日記 その1

14日の夕方、自転車で走行中舗道のタイルの端に
タイヤが取られたらしく、転倒しました。

あっという間の出来事で、痛い!!といいながら座り込んでいる
自分の情況把握にしばらくかかりました。

どうやって自転車を起こしたのかおぼえていないのですが、
家に帰り着き、古巣の病院の急患室で診ていただいたところ、
右側頭部はたん瘤のみ、右肩の痛みは鎖骨が折れているため
とのこと。

翌朝改めて整形外科を受診し、X線写真を見ましたら
素人目にも見事に折れ、そのうえ折れ口が上下に重なって
いるのがわかりました。

手術にて鎖骨を元の位置に戻した方が回復が早いとの医師の
勧めに従い、19日の午後全身麻酔で修復していただきました。

麻酔で少々あちらの世に行き、術後こちらの世に戻された時の
苦しさは肩の痛さ、唇の乾き、抜管後ののどのヒリヒリ感、
等々想像以上のもので、騒ぎ方は家人や看護婦さん達を心配
させたようです。

しかし翌明け方にはふらつくことなくお手洗いに行くことも
でき、時間が経つにつれ気分も爽快になり、昼過ぎには帰宅
しました。
img20070221.jpg

今日は写真のように猫たちに囲まれながら左手でキーボード
をたたいております。

今回もヘリクリサムレモンユーカリの精油が効力を発揮
してくれ、たん瘤はすっかりひいてしまい、打ち身による
あざもずいぶんうすくなりました。術前も塗り続けて
いたためでしょうか、術後の傷口の腫れが少なかった
ようです。

口と足は達者ですが右手は3週間三角巾で固定状態です。
アロマトリートメントと庭仕事が制限されるのがちょっと
辛いです。

お腹の不具合

季節の変わり目には少しの気の緩みで体調を崩しがちに
なります。 少々便がやわらかくなりました。

少し前にFM倉敷の番組で田中まり先生がおかゆや
片栗粉をお湯で練ったもの、またリンゴの摺り下ろしたものが
良いと話していらしたのを思い出し早速つくって食べました。

そうそう片栗粉とリンゴは幼い頃よく母にたべさされたなーと
思い出しながら。

あの頃片栗粉は好きではなかったのに懐かしくて少し涙も
出たりしました。

まり先生、おかげさまで思い出もくわわってお腹がほっこらと
暖まりました。

ジンジャーの精油を加えたオイルで足裏とお腹をトリートメント
することもしばらくつづけております。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

drecom_yu_kaya_yo_...

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ