img20090410.jpg

今年の桜の満開の様子はここのところの陽気に合わせて
どの木も見事です。

好天に誘われるようにして真庭市にある700年もの
永い間、村の守り神として在り続けてきた醍醐桜を見物に
出かけました。

ウィークデイの午後であれば人出もそんなに多くない
のではと期待して出かけたのですが、皆さん想いは一緒
だったようで、ふもとからの細い道を車を連ねること
約2時間、うぐいすの鳴き声に退屈を紛らわしてもらい
ながらようやく山頂に到着。

大きく伸びる満開の枝はにおいたつような花の色が
青い空と周囲の山々に映えて、それはそれは見事な
姿でした。

木の下に入ってみると桜の命が降り注いでくるようで、
久々に‘日本の花’に感動させていただきました。