清心絆講座

              IMG_0001_1

昨年より母校の清心学園で公開講座が開催されております。

身近な方との触れ合いの大切さ、自身の老化防止と介護に役立つ要素を
お伝えしたく、アロマによる健康法のご提案という題で参加いたしました。

寒い中お集まり下さった同窓生、職員、ご近所にお住まいの方々へ
アロマの基礎知識をお伝えしながら手、足のトリートメントを体感していただきました。

手浴、足浴の後のトリートメントの心地良さを感じていただけたようで
また開催してねのお声に気を良くしたことでした。

次回は音楽が得意な同級生の歌唱指導も加え、4月か5月に担当教師と
相談の上企画しようと考えております。

昨年は2度玄関の内外から講座の道具が盗難に遭い、少々意気消沈しておりましたが
皆さんへお話できたことから、元気が出たようです。

1月からの講座案内をしておりませんでしたが、済生会カルチャーと山陽新聞カルチャーも
変わりなく第2、第3金曜日に続けております。

オキシトシン効果

オキシトシンは女性ホルモンの一種で、心に温かな安らぎをもたらしてくれる
有難い働きをもっています。

以前から母乳の合成と分泌を促す母性愛を養ってくれるものと知られていましたが
近年スキンシップにより性別、年齢に関係なく分泌されることがわかってきました。

効果としては人々の間に温かな交流が生まれ、親近感、信頼感が増す。そのことにより
心臓機能が整えられ、血圧の上昇も抑えられる。そして長寿にもなる等が認められています。

しかし現代人の生活はパソコン相手の仕事、友人同士でもスマホメールのやりとりでは
直接会って語り合う機会も減り、キーボード操作では筋肉も硬直し、血液循環も悪くなり
頭の疲れは睡眠不足を呼びと次第に心身の不調につながります。当然オキシトシンも
分泌されなくなります。

分泌促進させるためには相手と直接会い、目を合わせて語り合う機会を増やすこと、
そして家族とのスキンシップ、ペットをなでる、マッサージをする、受けるなどして
お互いが幸せを感じることです。

オキシトシンがしっかり分泌されれば日常生活でたまるストレスが解消されることでしょう。

遊香舎の講座ではいつもトリートメントの施術者と受ける側の心地良さをお伝えし、
家庭での実践をお願いしてきました。健康維持、介護でのお役立ち面もありで、
これからもお伝えし続けたいと想います。

1970年にジョン レノン氏によりリリースされたLOVEと言う歌にLove is touch
Touch is loveという一節があります。本当は深い意味がむふくまれていると考えますが
アロマトリートメントを提唱する身とすれば一言でよく言い表してくださっていると嬉しく
感じております。

イクメンぶりに拍手


7月3日、テレビ番組のおしゃれイズムを観ていて市川海老蔵さんの息子さんへの
対応にたいへん感激しました。

パパに手を引かれて登場したものの、三歳の息子さんは緊張感いっぱい。
立ったまま司会者の方と大人の会話をしている間、息子さんのほっぺを
パパは撫でなで、お膝に抱っこされると今度は腕を撫でなで。
大丈夫だよという気持ちを手にこめて安心させていらっしゃる様子に、
この方はどんな育てられ方をされたのだろうと想わす゛にはいられませんでした。

父上からは芸を厳しく仕込まれたときいていますが、その厳しさをカバーするべく
母上が優しく接しられたのでしょうか。体と深い想いの中から出る行為に
闘病中の奥様はさぞ安心なさったことでしょう。

アロマセラピストとして、どんなに声を大にして言うよりも、海老蔵さんの
行為そのものがタッチングの大切さを伝えていてくださっていたように
想います。

奥様の病ご回復をお祈りしております。


















記事検索
月別アーカイブ
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ